鍵開けされやすい鍵の種類~補助錠設置で対策しよう~

連絡していつでもどこでも駆けつける!頼れる鍵の業者

補助鍵が必要な鍵の種類

鍵

型式の古い鍵ですと、空き巣の手に掛かればものの数秒で解錠されてしまいます。空き巣が狙うのはこうした開けやすい鍵なので、古いタイプの鍵を使用している人は何らかの対策を講じる必要があります。

この鍵なら注意

ディスクシリンダー錠
ディスクシリンダー錠は、かつて国内で主流だったタイプの鍵です。現在でも築年数の古い家や、古いアパートやマンションにこの鍵が使用されています。このディスクシリンダー錠は、空き巣にとっては「おもちゃ」に等しい鍵です。ピッキングによって数秒で鍵開けができるため、空き巣はこの鍵が使われている家を狙う傾向があります。ピッキングが横行している現在、このディスクシリンダー錠を使い続けることはリスクが高いです。防犯対策として、ピッキング対策がされた専門の鍵に交換をする必要があるでしょう。
ピンタンブラー錠
ピンタンブラー錠は、ディスクシリンダー錠以降に多くの家で使用されるようになった鍵です。ディスクシリンダーは、錠内部のタンブラーが穴の開いた皿のような形状であるのに対し、ピンタンブラーはピン状に一列になっているのが特徴です。この名前がつけられました。シリンダーピッキングへの対策として作られた鍵ですが、現在ではこのピンタンブラー錠への対策が行なえる空き巣も多いため、防犯性能が高いとはいえません。より防犯性能が高いディンプルシリンダー錠への交換か、補助錠の取り付けによって、しっかりとした防犯対策を行なう必要があるでしょう。

まとめ

現在、ディスクシリンダー錠やピンタンブラー錠は、防犯性が低さから住宅に設置されることが少なくなってきている鍵です。空き巣被害を防ぐためには、こうしたリスクの高い鍵を交換するか、補助錠などの設置によって防犯性を高める必要があるでしょう。

TOPボタン