MENU

こんなに便利!子育て中の方におすすめするウォーターサーバーの活用方法

 

子供が生まれたら、いくつになっても「元気に過ごしてほしい」と願うのが親の気持ちですよね。生まれたての赤ん坊のときには「とにかく元気に育ってほしい」、そして幼稚園・小学生の時には「友達と元気に遊んでほしい」、大人になってからも「元気に仕事をしてほしい」そういう気持ちでい続けるものでしょう。両親の子供への気持ちはそういうものだと思います。

 

そして、その元気の根源と言ったら何でしょうか?その一つに「食」があると思います。最近では「食育」といって、教育の一つにもなりつつある、「食」が見直されているのも、この元気さが重要だと再認識されているからでしょう。
さて、それではみなさんは食に関してどれだけ意識していますか?子供のおやつにどんなものを食べさせてあげていますか?昨日の夕飯に何を食べましたか?そういったことを考えると、元気の根源である「食」があまり大切にされていないのではないかと思います。それでは、最近はどのように「食」が見直されているのでしょうか?

 

安全でおいしい水として話題のウォターサーバー

安全でおいしい水として話題のウォターサーバー

その一つに「水」の認識が改まっているようです。その認識とは「水道水よりも安全で、おいしい水を飲むようにする」ということです。コンビニなどではそうですが、ペットボトル入りの水がその商品棚を埋めています。そして、それと同時に注目が集まっているのが「ウォーターサーバー」です。

 

「ウォーターサーバー」は家庭やオフィスでも最近では用いられるようになっています。そして例えば、赤ちゃんのミルクに使ったり、また、料理をおいしくする隠し味としての役割を果たしているのです。こうした子育てにも役立つのが現在の「ウォーターサーバー」なのです。お子様の子育てのため、家族の健康のために一台「ウォーターサーバー」を試してみましょう。

 

子供の健康を考える母親なら、ウォーターサーバーを選ぶべき!

 

「健康は一番の節約」と言う言葉があります。いくらお金があっても、健康に勝るものはないのです。子供がいるお母さんは特にその重要性を知っていて、自分や家族にとって一番大事な事については、しっかりとした品質の物を揃えたいと日々考えているのです。
しかし現代日本では物が溢れかえっていますね。電化製品は家電量販店に行けば何でもあるし、スーパーだって見つからないという物はありません。地方限定品や特別な輸入品だって、ネットで手に入ります。さて、こんな山ほどある選択肢の中で、何が品質に問題なくて何が駄目なのか、分かるでしょうか?

 

しっかりとした品質の物と言っても、その中の細かい条件は個人個人で異なるでしょうが、共通する条件は安全性が確実で安心できる物、といった所でしょうか。多くの選択肢の中で安心できる安全な物を選ぶのは、家族の健康を左右する立場であるお母さんにとって非常に大事な仕事です。
以前から食品偽造のニュースが散発していましたが、食の安全性という言葉が日本国民の間で認知され広まったのは、東日本大震災の後です。福島原発事件の後、放射能やセシウムといった震災の今までは何の関心を持たなかった言葉が一般的になり、家庭ではいっそう食について敏感になっていました。

 

放射能の検査もしっかりしているウォターサーバー

放射能の検査もしっかりしているウォターサーバー

食の安全という中でも、人体に必要不可欠な水は特に注目されました。その認識と共に広がっていったのが「ウォーターサーバー」です。「ウォーターサーバー」に使われる水は、特定の水源地で採水した天然水や不純物の入っていないRO水と安全性を謳っています。しかし、その水源地に放射能の影響を危惧する方も中にはいるでしょう。

 

天然水は専門調査機関によって、ミネラル以外の不純物や放射能などの有害物質が無いかどうかを検査し、結果を報告しています。このように安全性は確実ですから、子どもや家族のために安心して「ウォーターサーバー」を使用できますね。

 

水を買うならウォーターサーバーとペットボトルのどちら?両者を比較

水道水は少し心配だから水を買う、となった時の候補が「ウォーターサーバー」とペットボトルの水の2つだと思います。安全性は両方とも確実だとして、それでは値段はどう違うのでしょうか。どちらが安いのかは、販売されている量で変わります。例えば500mlのペットボトルの水をコンビニで購入するならば100円ほど、2Lでは200円ほどです。もし小分けが便利、と2Lを500mlペットボトルで買うと400円、と値段が倍になってしまいます。少量の方が値段は高いというのが一般的ですから、その辺りを考慮して比較する必要があります。

 

ウォーターサーバーは業者によって1ボトル5・7・20Lなど様々ですが、平均すると大体1L辺り100〜150円ほどになり、ペットボトルより少し高額です。ペットボトルを購入したほうがよい場合は、安く販売している時です。大概安売りの時は2Lボトル6本入りの箱で購入できますので、まとめ買いするとお得です。ただし、買い物に行く時間のある時や、重量があるので運べる手段がある時のみなど、状況で変化する場合があります。

 

宅配をしてくれるから重い水を運ぶ必要がないウォターサーバー

宅配をしてくれるから重い水を運ぶ必要がないウォターサーバー

「ウォーターサーバー」の利用に向いているのは、忙しくあまり余計な買い物は出来なかったり重い物は持てない、という人です。サーバーを設置すれば注文分を宅配してくれ、値段もペットボトルとあまり変わりません。またペットボトルの置き場所や処理に困る、なんていう事が無いのもポイントです。

 

「コストパフォーマンス」の面で見ると、ペットボトルの方が確かに値段は安いです。しかし、購入する時間や運ぶ労力、店に行っても買えなかったりそれからごみが増える、などという点を考慮すると「ウォーターサーバー」が便利といえそうです。つまり、値段のみでなくその他の条件を付け加えると、トータルでペットボトルよりも「ウォーターサーバー」が安いと言えるでしょう。